zappaのスタッフブログ

ザッパスタッフが毎日更新しています

ついでに沿革!

5月に入りましたね!ザッパは青いおうちで私とゆきみちゃんの親子二人で、雑貨&カフェzappaとして始めてから丸12年、

カフェがはらっぱとして再スタートしてから、5月1日で3周年になりました!

かわいいはらっぱ劇場が見れますので、はらっぱブログチェックしてみてくださいね💓

ameblo.jp

 

今ザッパもはらっぱもざっぱこも、それから百貨店もピオレも湊川店も、ぜーんぶ休業して、露店一本で毎日母娘の二人で頑張っています。最初の頃に戻ったみたい。

子ども二人の面倒を見ながらなので、

雑貨&カフェzappaの頃より、だいぶ大変やけど(笑)しかもお腹にはもう一人。どんどん体重は重くなり息切れが・・・あ〜ゴールデンウィーク明け、検診に行ったらお医者さんに怒られる〜でも、食べても食べても、食べたいのです。

最近の心配事はそれ(゚o゚;;

 

そんなしょーもない心配事はさておき・・・

今、初めてのクラウドファウンディング挑戦に向けて、新人スタッフのえみちゃんが頑張ってくれています。一緒にいろんなものを見て聞いて、感じたことをクラウドファンディングのページに書き留めていってくれていますが、

どうしても新人えみちゃんにはわからないことが。

 

①zappaを立ち上げようとした理由、zappaの歴史
②どんな思いでこれまでの活動を取り組んできたのか
③なぜこれまで生地からこだわり洋服を作ってきたのか
④愛由さんのプロフィール

 

この4点について教えてください、と伝えてくれたので、

どうせならこのタイミングでブログに書こうと思ったわけです。

 

 

まず①

大学で教員免許を取得し、採用試験を受けようか?それとも一般企業の就職活動?いろいろ自分の将来について選択肢はありましたが、なんかどれもしっくりこない。

大学の下宿先から実家に何気なく電話したときのこと。

「なーお母さん、どれもしっくりこんねん、いっそ家でお店でもするか!?」

「えーやん!しよしよ〜!おもろそう💓」

この一言がどんだけ軽い感じだったか、みなさん想像できるでしょうか。

そりゃ〜大学まで行って学校の先生にでもなってくれるんかというじじばばたちの期待や、石橋を叩いて渡るタイプの父にしたら、とんでもなくぶっ飛んだ考えだったことは想像していただけるはず。

もともと家に人が集まるのはウェルカム〜な一家だったので、2008年、大学卒業とともに雑貨&カフェzappaとして、母娘の二人で自宅ショップオープン。ダイニングテーブルに並んでしまうぐらいの少しの雑貨と、自家焙煎したての新鮮コーヒー、ほっこり家庭的なクッキーやケーキなどの焼き菓子だけで細々オープン。当時はSNSもないに等しかったので、最初のお客様はご近所のおばちゃんたち!

知らないお客様が来られると、なんで!?どこで知ったん!?と店員の私たちのほうがびっくりするありさま。

初めて1日の売り上げが1万円を超えた時は、ゆきみちゃんと手を取り合って、「家で遊んでる感覚で1万円も稼げるなんて、うちらすごーい💓」と喜んだのを今でもよく覚えています。

親子二人して欲張りな私たちは、最初コーヒーと焼き菓子だけだったのが、カレーが増え、パンが増え・・・

取り扱い商品も、雑貨だけだったのが、アンティーク家具や、洋服も、手作りの手芸材料も・・・自分たちがとにかく「好き!いい!」と思えるものならなんでも集めて販売をするようになりました。

2008年 自宅ショップ雑貨&カフェzappaオープン

f:id:zappa38:20200502004619j:plain

もっともっといいお店にしたくて、毎日のように模様替えを繰り返していました

2010年 studio zappa建設 ピアノやドラムのレッスンの場所として使ったり、レンタルスペースとして貸し出しました

f:id:zappa38:20200502002515j:plain

スタジオザッパの入り口

f:id:zappa38:20200502002917j:plain

スタジオザッパ店内

f:id:zappa38:20200502005304j:plain

スタジオザッパの外壁。今はこのステンドグラスは我が家の階段室の壁に入っています。

 

2011年3月、じじばばの家の倉庫を改装した、Atelier zappaオープン!30名を超える作家さんたちの委託販売と古道具のショップでした。

f:id:zappa38:20200501235641j:plain

初期のアトリエザッパ店内の様子



f:id:zappa38:20200502000010j:plain

アトリエザッパ店舗にて、作家さんへの説明会

 

f:id:zappa38:20200502004830j:plain

手作りの看板、店主は作家さんたち自身だったので、負担のないように3時までの営業でした

f:id:zappa38:20200502004928j:plain

作家さんの作家さんのアトリエをのぞくようなイメージで、各自ボックスをアレンジしてもらっていました



2011年7月、株式会社ZAPPAとして、個人事業から株式会社になりました。名ばかり社長とは私のこと。家族の中で私が一番寿命が長いからという理由だけで私が代表取締役に就任

 

2014年7月 二号店タカハラオープン

f:id:zappa38:20200502012404j:plain

網干で38年続けてこられた喫茶店の横で、二号店としてオープンさせていただきました

f:id:zappa38:20200502012457j:plain

タカハラさんのお人柄で、たくさんのお客様に愛されるお店でした

2014年8月 農機具入れだった小さな古い倉庫を改装して、古道具のお店JUNK ZAPPA をオープン。

f:id:zappa38:20200502010425j:plain

お盆休みに大改造しました!



2015年8月、じじばばの家、老朽化に伴い、併設するAtelier zappaとstudio zappaを取り壊し、

2世帯住宅兼ショップの工事にかかるとともに、一旦自宅ショップを閉め、太子の仮店舗にて半年間営業を続ける

f:id:zappa38:20200502011900j:plain

太子の仮店舗の様子 半年間お世話になりました

f:id:zappa38:20200502011940j:plain

思い出のある家、アトリエ、スタジオがなくなるのは寂しいけど、次へのステップだ!

 

 

 


2016年5月 新しい自宅ショップで、zappaがオープン

2017年5月これまで雑貨&カフェzappaとして営業してきた青いお家は、小さなしあわせあつまるカフェharappaとして、新たにオープン

f:id:zappa38:20200502014758j:plain

はらっぱのお庭で開催した1泊2日の冒険キャンプ!

f:id:zappa38:20200502014850j:plain

毎月8日ははらっぱマルシェ、楽しい企画がたくさんです

f:id:zappa38:20200502015136j:plain

マレーシアのマラッカをイメージしたピンクの部屋は、元私の子ども部屋

f:id:zappa38:20200502015219j:plain

青い外壁がトレードマークのカフェです

f:id:zappa38:20200502015253j:plain

いい匂いがキッチンからしてきます〜





2017年9月 山陽百貨店本館5階にAtelier zappa 〜collabo shop〜がオープン

f:id:zappa38:20200502015726j:plain

始めてプロにしてもらった看板、かも。今までは全部手作りだったから。

f:id:zappa38:20200502015901j:plain

ギリギリまで準備。みんな・・・ありがとう😭✨

 

f:id:zappa38:20200502015817j:plain

ディスプレイのプロにお願いして、美しい店内になりました!

f:id:zappa38:20200502020034j:plain

スッキリきれい!・・・だったのは最初だけ。すぐザッパらしく、もりもりいっぱいの店内になりました^^;宝探し気分んいなれる、ということで(笑)



2018年3月 世界の手芸材料や小さなアクセサリーパーツを集めた、アイデアの小箱ざっぱこ をオープン。

f:id:zappa38:20200502020741j:plain

小箱 という名前のとおり、ほんまに小さい店内。手作りが大好きなお客様でいっぱい❣️

2018年10月 神戸湊川パークタウン2階にて、Atelier zappa 神戸湊川店 オープン

f:id:zappa38:20200502021448j:plain

古い額にロゴのシールで、やっぱり看板は手作り!

2019年10月 イベントを企画運営するグループ、マーブルタウン事務局を作り、桜山公園にて毎月3日に「マーブルタウン」というイベントを開始

 

 

2020年2月 ざっぱこ新店舗&二階縫製事務所&倉庫完成、移転オープン

 

 

2020年3月 ピオレ1 4階に、zappa ピオレ姫路店オープン

 

 

 

以下沿革追加(2020年5月現在)

2020年5月 棉畑プロジェクトスタート!

f:id:zappa38:20200519230428j:image

 

2020年5月 カフェはらっぱキッチン大改造、それに伴い、はらっぱの白いデッキも改造!

f:id:zappa38:20200519230528j:image

 

 

2020年6月 赤穂店ふっくらザッパオープン予定

f:id:zappa38:20200519230828j:image

 

 

 

 

こんなふうにまとめてみたのは初めて!

普通会社のホームページとかって、沿革が書いてあるけど、そういえばザッパはありません(^◇^;)

これを機にちゃんとしよう〜!

でも記憶がうろ覚え、おーとるんか?なんか大事なこと忘れてへんか?心配〜!

もちろんこの沿革には、結婚、出産、嬉しいこと悲しいこと、その他もろもろなプライベートは入ってませんが、

ずーっと毎日欠かさず書いてきたブログには全て載せています。

全部読むには、相当の気合が必要です(笑)

 

②どんな思いでこれまでの活動を続けてきたのか?

との質問ですが、

とにかく自分たちが、好き!と思うものならなんでも、嘘偽りなく、お客様にこれはいいよ!と自信を持って発信していくことを続けてきました。ジャンルも問わず、いいと思うものは全て。

だから、場所が足りなくなって、どんどんプライベートスペースは侵食され、それでもお店が足りなくなって店舗が増えていった感じです。

その様子がよくわかるのが、ABCテレビの取材のときの動画。

テレビ取材が入った時の最後の私のコメント、

冗談みたいに出た言葉でしたが本心で、まじで実現させてしまいました(笑)

 

③なぜこれまで生地にこだわって洋服を作ってきたのか

これは別に、特に肌が敏感とかそういうわけではないんですが、やっぱり自分たちが着ていて気持ちいいと思えるものを、お客様にも紹介したかったから、です。ここにも、最初から大事にしている「好き!いい!」と思えるものを自信持っておすすめするこだわりが生きていると思います。

また自分たちがとってもズボラで大雑把なので、その生活スタイルに合ったものって、結局自然のものなんですよね、

クリーニングに出さないといけないような堅苦しい服はどうも出番がありません。

それより、おうちでザブザブ洗えて、汚れても破れても、パッチワークしたり染め直したりして楽しめるのは、自然素材ならでは、です。

私たちが、家に誰でもウェルカム〜!ゆっくりしていってね!と自宅に招き入れるように、

服も雑貨も、肩肘を張らない、気軽でナチュラルなものがあっていると思います。

 

 

④愛由のプロフィール

愛と自由の女神!ではなく、自由すぎる愛に満ちた人、です(笑)

真面目に…

現在二児の母、もうすぐ三児の母の予定

生まれも育ちも姫路の西の端の太市という田舎、のびのび田舎で育ち、将来目指すはムツゴロウさん!と思ってたほど動物好き。今は五児の母を目指しています(笑)

大学は滋賀の教育大学へ。そこで今の主人と出会い、姫路に一緒に帰ってきました。

大学卒業する前に、ザッパ をプレオープン、

卒業してから、本オープンしました。最初の一年は高校家庭科講師とかけもち。その後、お店一本にしぼり、母と二人、時には父も一緒に、コツコツ続けてきました。

f:id:zappa38:20200502022552j:plain

細いときの写真でも載せとこ(笑)

 

いろんなことがありましたが、変わらないのはやっぱり、「好き」ということ。どんなに大変な時も、必ず乗り越えられます。

相変わらず社長の風格はありませんが、周りのみんなに助けられてなんとかここまできました。

今後とも、どうぞみなさん、よろしくお願いします🙇‍♀️💓

 

 

-------------------------

ブログで気になる商品がありましたらzappaの公式LINEにてお問い合わせしていただけます!

https://lin.ee/tB9q0Dx

↑このURLをクリックすると、zappaを友だち追加できます。

TEL: 080-2356-9571

◆カタログブログはこちら

http://zappa38.hatenadiary.jp/

◆オンラインショップ(BASE)はこちら
https://zappa.buyshop.jp/

◆オンラインショップ(楽天市場)はこちら
https://www.rakuten.co.jp/webzappa/

◆ホームページはこちら
http://www.webzappa.net/

 

姫路のナチュラル系ファッションと雑貨とカフェのお店zappa(ザッパ)
--------------------------